まらえもん イズ ノット デッド

柿生スタジオのまらえもんが綴る日常です。

夜道雪生誕祭にアラサー男性が行ってみたら神対応だった

皆さんは夜道雪さんをご存知でしょうか?

今や花丸急上昇中のYoutuber、声優、女優、モデル、etc・・・であり、

様々な分野で活躍されている方です。

本日11/17は夜道雪さんの生誕祭ということで、ラブビート君と一緒に行って参りました。今日はそのレポートとやらを書いてみようと思います。

ちなみにラブビート君のブログはこちら。

love-beat-888.hatenablog.com

 

f:id:marakayan72:20191117211751j:plain

 

 夜道雪さんのTwitter

twitter.com

夜道雪とは何者?

夜道雪さんは、本当に幅広い活躍をされている方です。

  1. Youtuber(現登録者13万人)
  2. 声優
  3. モデル
  4. その他色々・・・。

まさに人気街道を走っている注目の一人と言えるでしょう。

二つ名:「北海道の秘密兵器」、「俺の嫁系Youtuber」

お馴染みの挨拶:「お前ら夜道に気を付けろ!」

ファンの名前:「ユキリト」

ともはや隙のない通称や挨拶をお持ちです。

キュートなルックスと、完璧なまでのプロポーションで、数多のファンをガチ恋にまで導く天使のような存在です。

北海道札幌市出身であり、今は東京にて生活されているそうですが、1カ月か2カ月に一度帰郷するほど、地元愛に溢れた方でもあります。

趣味はバイクで、Twitterを覗けば、真摯にバイクと向き合う姿を見かけることが出来ます。

2019/11/21で20歳となるため、今日11/17に初めてのオンリーイベントとなる生誕祭を企画されました。

イベントの内容

イベントの内容は以下の通りでした。

  1. 質問コーナー
  2. ビンゴゲーム
  3. チェキ会

上記順に沿って順番に書いていきます。

質問コーナー

質問コーナーは、生誕祭チケットを予約する際に記入した質問を読み上げ、選ばれた人にはブロマイドを進呈するというファン垂涎の企画でした。

全部が全部内容を覚えてるわけではないのですが、印象的だった内容を2つほど。

まず一つ目なのですが、「バイクが趣味ではない人でもワンチャンありますか?」という内容でした。ここでいうワンチャンは「バイク趣味じゃなくても夜道雪さんと付き合える可能性はありますか?」という意味合いですね。

これに対し、「趣味はあくまでも趣味だし、二人でバイクが趣味というのもお金がかかりすぎることもあるから、バイクが趣味じゃなくても全く問題ない」という回答でした。会場は大盛り上がり!

というのも、バイクが趣味の夜道さんなので、少しでもバイクを知っていないとダメなんじゃないか・・・?と思うファン(ユキリト)の方が多いと思うんですよね。

そんなファンが抱える不安を一蹴するような回答でした。

もう一つは「誕生日プレゼントは何が欲しいですか?」という質問。

これに対し、「特にないんだよなあ・・・。」という回答。

「あざとい物じゃないようにしたいし、皆が気を使わないようにしたいなあ。お気持ちだけで大丈夫です。」と続ける。

こういったイベントに参加したことが無い私ですが、なんとまあ素晴らしい回答かと思いました。

勿論、「皆に好かれたいから」とか色々な推測が出るのかもしれませんが、一つ一つの質問に真剣に考えこんで、きちんと間を取るんですよ。

その間を埋めるようにファンの方が茶々を入れるんですが、ニコッと笑って返しながら返答する。これが絶妙。

適当に返したくないからこそ大事に一つ一つ汲み取ってはどう回答しようか考える姿が印象的でした。

乗り物についての話で「男の車輪は2つで良い」という名言が飛び出し、「オオー!」という歓声が上がる。「え?今のそんなに?」と困ったように笑う彼女が素敵でした。

ビンゴゲームの話

ビンゴについてはですねえ・・・。触れることが実は無いんです・・・。

ビンゴをすれば豪華賞品がもらえるということで、その中にはサイン入り限定Tシャツ、サイン色紙、好きな内容でサインを書いてもらえる、キーホルダーなんかがありまして、メチャクチャ盛り上がりました!

でもねえ!ビンゴ出来なかったの!ダブルリーチとかしてもね!ビンゴしなきゃ意味が無いんだよォ!?

と内心熱くなり、年内の運ならここで使うに決まってんだろォ!?という意志も空しく木端微塵に消え去った私でした。

ビンゴされていたファンのユキリトは皆さん最高の笑顔でした。

そりゃそうだよなあ・・・。

ビンゴゲーム終わりにミニ撮影会を行いまして、そこで撮った写真を幾つか。

奇跡的になぜか予約番号が2番目になっていて、最前列を確保していたが故にこの感じ。

f:id:marakayan72:20191117224739j:plain

f:id:marakayan72:20191117224820j:plain

一心不乱で撮っていたものだから、2枚目のように正面向いている写真を撮れて最高でした・・・。本当に嬉しかった!

チェキの話

チェキは初めてでそもそもこういうシステムなんだ!と驚くばかりでした。

「ランチェキ」と「チェキ」の2種類があり、「ランチェキ」は対象の方一人(今回で言えば夜道雪さん)のチェキで、「チェキ」は自分と対象の方と一緒に撮ることが出来る、というものなんですね。

調べてみると割とこれ通常で使われているらしく、そういうもんなんだなあって思いました。

「チェキ」というのがツーショットで「ランチェキ」が一人ということは、恐らくチェキお願いします!と言えばツーショットなのがノーマルなんでしょうね。

ランチェキを買うよりもツーショットチェキを買うのがポピュラーなんだなあってことが分かり何だか納得しました。

そりゃ、推しと二人で撮れる機会があるのにそれをみすみす逃すわけにはいかないですもんね。その気持ちが痛いほど分かりました。

僕はあまりに緊張しすぎて喋れないクソオタクだったし、ブルブル震えながらピースする始末で、相当後悔しました・・・。ダメでした。。。

それなのに「またね!」と手を振った後、握手までしてくれて、崩れ落ちるかと思った。

チェキは確か2時間ほどかかったと思います。

というのも来場者100人のほとんどがチェキをお願いし、また2週・3週とする人、一度に多くて10枚お願いする人など、その人気の高さとファンの熱量に圧倒されました。

1点だけ悲しかったのがファンの人が別のファンの人に心無い一言を投げかけていたこと。野次ならまだしも、それを言っていいの・・・?みたいなのが飛び交うときがあり、一緒に好きな人を応援する場でそりゃないんじゃない?と思うときがありました。

同担拒否の言葉さえあふれる昨今ですからね、めっちゃ分かるんだけども・・・。

チェキを撮影している時間って推しとファンの人だけの時間なんだと思うんですよね。

それをけなされたりするのって相当悲しいし、辛いと思います。

僕は初めてだったけど、それが嫌だなあって思った。ここだけが悲しいポイントだった。

運営さんの話

運営さんが最高にかっこよかったんですよ。

MCのKiahさんの華麗な捌きや、物販・チェキ列の捌き役のなど最低限の人数で、最大限の効果を発揮するには?を地で行っていました。

列に並ぶ際も声掛けは適切だし、他の人に邪魔にならないような配置だったり色々な配慮を先んじて考えられてることが分かりました。

専門のイベントスタッフなんだろうなあと思ったらそうではなく、同じ事務所の人だったと聴いて本当にびっくりしました。

とにかくイベントをより良いものにしよう!という気持ちがズドンと伝わってきて、スムーズな運営がとても心地よいものでした。本当にお疲れ様でした!

中でもラブビートイチオシのイケメンさんが居たのでTwitter貼っておきます。

 

MC・進行のKiahさん

twitter.com

ラブビートイチオシだった岩田さん

twitter.com

最後に

イベント終わり、〆の挨拶前で、「ちょっと待った!」の掛け声がユキリトからかかる。「これ皆で書いた色紙です!」と言う素敵なサプライズ。

イベントが開始される前、列に並んでいたころ、書いてくださーいという声かけをしてもらっていたんですね。

凄く良い気配りだし、これをサラッとやってしまうのがカッコよかった。

着ていたのはアヘ顔パーカーだったけど、すんごく爽やかな笑顔がカッコよかったです。

「驚きすぎて涙も出ない」と茶化すように夜道さんは言っていたけど、そうして慕われるってことがどれだけありがたいか分かってたような気がします。

最高のサプライズお疲れ様でした。

 

帰り際のお見送りで夜道さんが、バイバイ!と扉の向こう側まで振り返って手を振ってくれる。

勿論自分だけでなく一人一人に至るまで。

そんな夜道さんの神対応に徹頭徹尾平伏し、また僕は明日の戦線に出かけます。

終わるまでがイベントです。お前ら夜道に気を付けて帰れよ!

 

柿生スタジオのまらえもんでした。